HOME

『癒しの森』へようこそ!


2012年にアセンション(次元上昇)が叫ばれて早や5年が経ちました。
しかし世の中を見渡せば、社会情勢・世界情勢は以前にも増して悪化して混沌とした状況にあり、アセンションとは程遠い状況にあるかのように見えます。

実際、私たちを取り巻く生活環境においては、競争社会・消費社会が発達・成熟し、それによる社会システムが複雑化したことにより、人間が組織やシステム(機械)の一部(パーツ)としてみなされるようになり、結果重視や効率重視主義、それによる長時間労働などに見られるように労働環境、社会環境は悪化の一途をたどっています。

その影響で、「心」というメンタル的な部分が軽視されるようになり、人と人との繋がりが減り、人間関係も希薄化し、孤独化等が社会問題となり、また鬱病などの心の病を患う人が日々増加しつつあります。

一方、私たちを取り巻く社会環境は、その反動でスローライフやエコロジー、そして健康や環境改善を志向するライフスタイルの向上に関心が高まりつつあります。


ロハス(LOHAS)とは?

ロハスとはもともと、英語の “Lifestyles Of Health And Sustainability “(健康で持続可能な、またこれを重視する生活様式)の頭文字をとった略語で、「健康と地球環境」などについて意識の高いライフスタイルを指す意味があります。
日本では「健康と環境を志向するライフスタイル」と意訳されて広まっています。


「スピリチュアル的なロハス」とは?

米調査機関NMIはLOHAS層を「環境と健康に関心、社会に対する問題意識、自己啓発・精神性の向上に関心が高く、実際の行動に移す人々」と定義しています。
ヒーリング・ロハス『癒しの森』では、この定義をベースにスピリチュアル的ロハス(LOHAS)を次のように定義しています。

社会に対する問題意識や、環境と健康に関心を持ち、自己啓発・自己実現・精神性の向上を常に志します。またさらに、自分は一体何者で、何のためにこの世に生まれて来たのかを深く探究し、それらから見出したものを実際の行動に移すことを目標とします。

スピリチュアル的ロハス(LOHAS)を志すことで社会に流されず、また自分を見失うことなく自己確立・自己実現へ邁進し、本当の意味でのアセンション(次元上昇)を目指して行きます。


ロハス(LOHAS)ライフで高次元へシフト!
スピリチュアル・サラリーマン HIRO

新着情報

2016年3月28日
スカイプの利用について
2016年2月29日
死後探索・非物質的世界の旅へようこそ!