死後探索メソッド

時間・空間、そして意識 ・・・
時空を超えて、意識の深い領域や非物質的な世界を安全な方法で探索します。


ブルース・モーエン公認ワークショップ
死後探索メソッド(ブルースモーエン・メソッド)

アメリカの死後の人間意識の研究家・ブルース・モーエン氏(Bruce A. Moen)が開発したメソッドで、人間の潜在意識の領域や死後の世界など、非物質的世界を知覚を拡大して想像力(イマジネーション)をフル利用した、シンプルで安全なテクニックです。

また、死後の世界には段階があるとの仮定のもとで、その途中で何らかの思いをもったまま囚われている方々をリトリーバル(救済)していきます。(公認ワークショップ・レベル1

※リトリーバル(Retrieval)とは、亡くなった魂を救済する活動のことを意味します。
リトリーバルでは、フォーカス23からフォーカス26という意識領域に捕らわれてしまった、すでに亡くなった方々をヘルパーの助けを借り、主にフォーカス27という死後に本来行くべき領域へと連れて行く活動をおこないます。

またワークショップ・レベル3では、意識領域に捕われている自分自身の信じ込みや、過去生の捕らわれた自分自身をもリトリーバル(救済)していきます。捕らわれているのは、亡くなった人々だけではありません。

人は死後、どのような世界に旅立つのか?
また、私たちはこの世に生まれてくる前にどこにいたのか、どんな過去世だったのか?

それを非物質界で死者の魂や過去世の自分に接触することができるのが、このメソッドの凄いところです。


メソッドの特長
★サイキック能力など、特殊な能力を持たない人でも安心かつ安全に探索できるようになっています。
★死後の世界やスピリチュアルな世界の詳しい知識がなくても、どなたでもご参加いただけます。
★ごく普通の方でも、死後の世界や非物質の世界を探索するテクニックを練習して身につけることができるようになります。


そして、メソッドでは3つのコースに分かれて様々な探索をしていくことになります。

レベル1
死後探索コース ~愛する人に会うために~

「亡くなった家族や愛する人に会いたい」
「亡くなったあの人は今どうしているのだろうか?」

そんな想いを持って参加される方もたくさんいらっしゃいます。
愛する人を失って、生きる気力を失っていた方が、リトリーバルを体験して、死後の世界に触れ、愛する人からのメッセージを受け取り、生きる方向性を見出していく・・・
死後探索は、亡くなった人たちを救うだけではなく残された生きている人たちをも救っていきます。

そして、亡くなった方とのコンタクト方法などを通して、死後の世界や非物質的な世界を探索する基礎を学びます。 →レベル1詳細へ


レベル2
パートナー探索コース ~死後の世界で仲間に会う~

死後の世界や非物質的な世界について、パートナーやグループでの探索を通して検証する方法を学びます。探索で得た情報をパートナーやグループで共有し、検証・分析します。これにより、自己の体験への信頼度が格段に増し、知覚の拡大や意識の進化につなげます。


レベル3
自己探索・セルフヒーリングコース ~自分自身を救う道~

自己発見・自己探求・自己ヒーリングの方法を学びます。
自己の側面とは何か、それが現在の人生経験にどのように影響しているか、自己の側面のリトリーバルによる自分自身の変化、アイデンティティへの影響などを学びながら、エクササイズを進めていきます。また、死後世界のいくつかのエリアの探索、ハイヤーセルフとのコンタクトも行います。