プロフィール

こんにちは!

ロハス(LOHAS)ライフで高次元へシフト!
スピリチュアル・サラリーマン HIRO です。




【プロフィール】


1967年(昭和42年)3月生まれ


霊能力やヒーリング能力など、私がいわゆるスピリチュアル的な能力に目覚めたのは、2004年に難病を患い、生死の淵をさまよってからのことです。

それまでの私は、UFO・宇宙人についてやシルバー・バーチなど、スピリチュアル的なことに興味はあったものの、テレビでよく見かけるような、毎夜飲み歩く典型的なサラリーマン生活を送っていました。

しかし実際には、毎日退屈でストレスな仕事をし、そんな生活にうんざりしていました。

そして毎日にイライラしながらも、いつも何かを探し求めていたように思います。(今ふり返ると、天性・転職は何かをいつも追い求めていたように思います)

そんな生活を何年も送っていたある日、原因不明の病にかかります。

咳・たんが半年以上も続き、病院へ何軒行こうが薬を飲もうが一向に改善されることはなく、症状がどんどん悪化。


そしてついには、咳といっしょに血が出るようになり、入院することになりました。

どんな検査をしても原因は特定できず、大きな病院へ転院。何度も問診・検査を受けた末にやっと病名を特定することができました。



多発血管炎性肉芽種症(旧名:ウェゲナー肉芽種症)


膠原病の一種で、特定の部位(鼻・肺・腎臓)の血管に対する自己抗体(自分で自分の細胞組織を攻撃する抗体)を持っているという奇病(国指定難病)でした。

その病名を特定するまでにかなりの時間を必要としたため、その間に症状はどんどん悪化。

咳・たん・出血は止まらず、熱も40度を超え、体力も落ちていく中で、なかば死を覚悟するようになりました。


「あぁ俺、たぶん死ぬなぁ・・・」

そんな時、主治医がたぶんそうであろう可能性の高い病名を割り出し、イチかバチかの治療を開始。そこから奇跡的に回復していきました。

しかし難病だけあって、なかなか治癒するところまではいきません。

それに、短期間で大量の薬を投与したため、もとの疾患に加えていろんな副作用をも併発することとなり、うつ病や双極性障害、妄想や幻聴など統合失調症にも似た症状まで経験することがありました。


※ そんな闘病生活を送っていたある時、不思議な体験をすることがありました。

瞬間的なことでしたが、地球の意識とつながるような、地球と一体になる感覚がフッと入ってきたのです。


その瞬間、

「私は(肉体的にも意識的にも)地球の一部なんだ」 ということを悟り、同時にこのようなことにも気づきました。

「私は、自分一人だけの力で生きてきたと思っていた。
でも実は、その全く逆。

私を取りまく全てのものから全てが与えられ、そして生かされてきたんだ・・・」

という感謝、大きな 気づき を得たのです。


しかし、それからもいろんな苦闘、家族崩壊の危機など、幾多の苦難がありました。

そして発症から1年後、うつ病を患いつつも何とか社会復帰し、もとのサラリーマン生活に戻ることができました。

しかし、復帰して一年が経った頃、気づけば毎日仕事に追われ、自分のことや家族のことは二の次で、仕事が終われば飲みに行く ・・・・・

という、病気になる前のような元の生活に戻ってしまい、せっかく永らえた命だというのに、何のために生きているのか分からなくなってしまいました。

この大病をきっかけに人生観が大きく変わってしまい、今までの生き方に疑問や矛盾を感じるようになったのです。


そして、従来のように生きていくことが難しくなっていきました。



その頃からでしょうか。
一方で自分のスピリチュアル的能力に気づき始めたのは。

「自分は何のために、何をするためにこの世に生まれて来たのか?」

この疑問を追求し始めた頃、20世紀初頭に活躍したアメリカの予言者エドガー・ケイシーが頭の中に出てくるようになったのです。

そして、まずは瞑想をするようアドバイスをもらうことがありました。


その後も、ケイシーとのコンタクトは続きました。

そして、どのように自分を深く知るのかや、人生のミッション(使命)の見つけ方など、多くのことをインスピレーションという形で教えてくれました。

また同時期に、別の存在が肉食をやめてベジタリアンになるよう何度も助言してくるようになりました。(今振り返ると、それはガイドの導きによるものでした)
2006~2007年頃のことです。



一方で、人との出逢いという不思議な縁の連続で、不思議なことがどんどん起きていきました。

霊能力や前世リーディング能力に気づいたり、花や植物が話しかけてきたり、ET(地球外知的生命体)がコンタクトしてきたり ・・・

といったことが徐々に起こり始めました。



「自分は何のために、何をするためにこの世に生まれて来たのか?」

以前はそれが分からず、もがき苦しんだ末に病気になったのだと、この時やっと気づきました。

そして、自分はなぜ、何のために生まれて来たのか、ということもハッキリ自覚できるようになりました。


そして2014年のことです。

ブルース・モーエンという存在を知り、「死後探索メソッド」というものにどんどん傾倒していくことになったのです。

(2015年、彼と実際に会うことになり、私の人生は大きく変わっていきました)


「人は死んだ後、どこへ行くのか?」
「私たちはなぜ、何のために生まれて来たのか?」

彼の開発したメソッドが、特殊能力を持たない普通の人でも、死後世界の探索や4次元・スピリチュアル世界といった非物質的世界の探索を可能にし、それらの問いに対していとも簡単に答えを導いてくれることに大きな衝撃を受けたのです。


その探索方法を知っていれば、以前の私のように人生をもがき苦しみ、病気になることもないんだ・・・

この死後探索メソッドで、かつての私のように苦しんでいる人たちや病気の人たちを助けてあげられないだろうか ・・・・・ 助けていき(生き)たい!


その思い、決断をしてからです。

不思議なことですが、その後の出逢い・機会、流れが一気に加速して行きました。

そして2015年、ついに死後探索メソッドのトレーナーになることができたのです。(それはまるで、引き寄せの法則が必要なもの全てを引き寄せているような感じでした。)



ブルース・モーエン公認死後探索メソッド・トレーナー
スピリチュアル・セラピスト
レイキ・ティーチャー(ヒーリング)
心理カウンセラー(メンタルケア心理士)
ABH米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト(催眠療法士)

※「助けていき(生き)たい!」という思いで、以前から他にもいろいろ取得してきました。



生まれてきた意味・目的に目覚める

それは、本当の自分の姿に気づくだけではありません。

人生が苦しみから喜び・楽しみに変わるだけではなく、幸せへの足がかりになるであろうことも意味します。


最後になりますが、
そのような人たちを一人でも増やしたい!

だから、
「ありのままの自分を思い出す(生きる)」 をコンセプトに、ナチュラルロハス(LOHAS)ヒーラーとして活動することを決めました。

以前の私のように、自分を見失っている人たちを、今の私のように、生まれてきた意味・目的に目覚めるようになるお手伝いが出来たら、 と熱望しています!

今後とも、よろしくお願いいたします。



ロハス(LOHAS)ライフで高次元へシフト!
スピリチュアル・サラリーマン HIRO